トップへ戻る

全身脱毛に通う頻度は?ベストな間隔は1ヵ月おき?

全身脱毛に通う頻度は?ベストな間隔は1ヵ月おき?


全身脱毛に通う事を検討しているけど、どれ位のペースで通うと良いの?
忙しい方や早く全身脱毛を完了させたい方は通うペースを知りたいですよね。

 

ここでは全身脱毛に通う頻度やベストのペースをご紹介します。

 

【目次】

1.全身脱毛に通う頻度は?ベストな間隔は1ヵ月おき?

2.全身脱毛に通う頻度は一般的に2ヶ月?

 

3.毛周期とは?全身脱毛に通う間隔に関係するヘアサイクル!
  3-1.毛周期の流れ〜成長期→退行期→休止期
  3-2.部位によって毛周期は少し期間が異なる

 

4.全身脱毛に通う頻度がサロンごとに違う理由
5.全身脱毛サロンに通う頻度が1ヶ月おき1回の間隔で通うサロン
6.全身脱毛サロンに通う頻度が1ヶ月に1回の間隔で通うサロン
7.全身脱毛サロンに通う頻度が2週間に1回の間隔で通うサロン
8.全身脱毛サロンに通う頻度はこうやって決める!!

全身脱毛に通う頻度は一般的に2ヶ月?

全身脱毛に通う頻度は一般的に2か月の間隔に1回の頻度がベストとされています。
なぜ2か月に1回なのでしょうか。

 

やっと全身脱毛を受けることを決意して、いざ脱毛サロンやクリニックに通うとなれば、頻繁に通ってなるべく早く効果を実感したいところですよね。
2か月に1回の頻度なら1年で6回しか受けられない……と脱毛に通える間隔や頻度を不満に思う人も多いと思いますが、実はこの2か月に1回の頻度が効果的に脱毛器の光やレーザーを受けるのに理想的な頻度なのです。
これには毛周期が関係してきており、全身脱毛を効率的に行うには毛周期を意識した脱毛頻度を決める必要があります。

 

脱毛サロンに通うペース

 

毛周期と関係なく出来る脱毛サロンも出てきている

しかし最近では脱毛器の発展により、必ずしも2か月に1回でなくてはいけないわけでもなくなってきています。
もちろん毛に対してアプローチしているので、現在では最短2週間となっていますが、それでも2か月に比べたらかなり短いです。

 

なぜ全身脱毛は間隔を保って通う必要があるのか、なぜ生えてくるたびに脱毛の施術を受けることが出来ないのか、効果的に全身脱毛を受けるときのポイントと納得の間隔をあける必要がある理由を今回は紹介したいと思います。

 

毛周期とは?全身脱毛に通う間隔に関係するヘアサイクル!

脱毛サロンや脱毛クリニックで全身脱毛についてカウンセリングを受けると、必ず毛周期について説明されると思います。
毛周期に対する理解は全身脱毛を効果的に行う上で必須の知識です。

 

毛には自然と生え変わり、新しい毛を作り替える自然のサイクルがあります。

 

髪の毛は特に女性がいるとよく抜け落ちていいるのを見かけることがあると思いますが、男性も同様に髪の毛は1日に50本も抜け落ちています。
マツゲやムダ毛も同様に抜け落ちていますが、長さが短い分目立たないだけで髪の毛と同様に生え変わっているのです。

 

体表に出ていて私たちが視覚的に確認することのできる毛は、体の中で待機している毛も含めた全体の毛の数に対して20から30パーセント程度です。
この視覚的に確認できる毛は中成長期から後成長期、退行期、休止期にあたる毛です。

 

毛周期

毛周期の流れ〜成長期→退行期→休止期

中成長期から後成長期にかけては毛は太く長くなり、視覚的にも良く見えるようになります。
この時期が脱毛器の光やレーザーで一番効果的に脱毛を促進できる毛になります。

 

成長期の後は毛は退行期に入ります。
退行期では毛の周囲の細胞分裂が止まり、毛根はやせ細っていきます。
この時期の毛も毛根があり、視覚的にしっかり確認することが出来ますが、脱毛器の光やレーザーに対する効果は薄いと言えます。

 

すでに毛根は弱った状態であり、脱毛器の光やレーザーに対しても反応が薄く、もちろん光やレーザーを受けているので脱毛は促されますが、また次のサイクルで生えてくる可能性も高いです。

 

退行期の後は毛は休止期になり、自然と抜け落ちます。この時期でも毛が完全に抜け落ちるまでは視覚的に毛を確認することが出来ますが、脱毛の効果は退行期と同様でありません。

 

毛周期

 

そして毛母細胞の細胞分裂が活発になると成長初期となり、皮膚の下で毛が出来始めます。
この時期はうっすら皮膚の下に毛の色が見える程度で、はっきりとした毛を皮膚表面で確認することは出来ません。

 

脱毛器は毛先が少しでも表面に出てこれば毛根に反応させて脱毛を促進することが出来ますが、毛先が皮下にこもった状態では脱毛器の光やレーザーが届かず、脱毛の効果を得ることは出来ません。

 

このように毛周期によって脱毛の効果を得ることが出来るのは毛全体の20から30パーセントと限られている上、視覚的に確認できる毛の中でも脱毛の効果が得られるのはその3分の1のみです。

 

脱毛施術

部位によって毛周期は少し期間が異なる

また、この毛周期は毛の生える箇所によってその期間が違ってきます。

 

視覚的に確認できるのはわずか20パーセントです。
腕や足の毛は脇の毛よりも長い間隔で生え変わります。

 

成長期が4〜5カ月、退行期も同様に4〜5カ月です。
視覚的に確認できる毛は脇毛と同様に30パーセントです。

 

Vラインの毛は腕や足の毛よりももっと長い間隔で生え変わります。
成長期が1から2年、退行期も1から2年で、視覚的に確認できる毛は脇毛と同様の30パーセントです。

 

脱毛部位

 

このように箇所によって毛の生え変わる毛周期の期間も違います。

 

全身脱毛を効率的に進めていくためには、ある程度度の箇所でも皮膚上に脱毛の効果を受けることが出来る毛が生えそろった状態を整えてから施術に挑む方が、1回ごとの施術で効果的に脱毛を促進することが出来るのです。

全身脱毛に通う頻度がサロンごとに違う理由

脱毛サロンごとに脱毛に全身脱毛に通える頻度がバラバラなのは、サロンで使われている脱毛機器が違うからです。

 

脱毛サロンで使われる光脱毛器は、現在日本製のものから海外製のものまで多くの種類が販売されており、脱毛サロンによって、または脱毛サロンで選択する脱毛コースによって、使われている脱毛器の種類が違います。

 

以前は1回の全身脱毛に何カ月も何時間もかかるような脱毛サロンが多く、1日で全身を脱毛するのであれば1日がかりの作業でしたが、最近ではなんと最短で30分程度で全身脱毛を行えるとうたっている脱毛サロンがあるくらいです。

 

全身脱毛は日々進歩しており、脱毛器の進歩によって脱毛プランも変化してきています。

 

脱毛機

 

脱毛サロンが設定している全身脱毛に通う頻度は、基本的な毛周期を意識して脱毛の頻度を設定しているところがほとんどなので、
間隔の短いサロンなら2週間に1回程度の頻度で通い、間隔の長いサロンであれば3か月に1回程度の頻度で通うことになります。

 

毛周期は箇所によっても様々なので、全身の毛が生えそろうタイミングが毛周期的にはベストのタイミングです。

 

個人の毛の生えそろい具合にもよるので、終了した脱毛回数に合わせて全身脱毛に通う頻度を変える脱毛サロンも多いです。

 

また人気の高い脱毛サロンでは、皆が平等に予約をとれるように1回で施術する範囲を限って回数を多めに設定していたり、新しい脱毛機器を導入して、1人に充てる時間を短くして全身脱毛に対応できるようにしています。

全身脱毛サロンに通う頻度が1ヶ月おき1回の間隔で通うサロン

2カ月に1回の間隔で通うサロンは比較的ゆっくりと脱毛をすすめていくことが出来ます。

 

成長期の毛もしっかりと生えそろうので、まだ毛が生えていない状態で脱毛器を当てて、1回の施術を無駄にすることがありません。
また、全身脱毛に対して肌や毛の反応をしっかり確認することが出来ます。

 

肌に対する負担も少ないので、体に負担をかけずに脱毛をすすめていきたい人にもおススメです。

 

脱毛ラボの場合

脱毛ラボのゆっくりコースでは1か月に1回通うことが出来ます。
しかし施術を受けるのは全身の12分の1となっており、1年かけて全身を1回脱毛することが出来るというプランです。
月額が驚くほど安く、キャンペーン中であれば1年以上無料という割引を受けられるときもあります。

 

しかしその分脱毛ラボのスピードコースで1回で終わることを12回に分けて施術していることになります。
金銭的に余裕があれば脱毛ラボの普通コースかスピードコースの方がおススメです。

 

脱毛ラボ

 

関連ページ

脱毛ラボの全身脱毛の料金・特徴についてはこちら

 

キレイモの場合

キレイモでは2か月に1回通い、全身の半分を施術するというプランになっています。
4か月で2回通うことが出来、1回の全身脱毛完了というコースになります。
1年で3回の全身脱毛を施術することが出来るコースになり、他の脱毛サロンのプランと比較すると少しゆっくりめのプランにあたります。

 

キレイモ

 

関連ページ

キレイモの全身脱毛の料金・特徴についてはこちら

銀座カラーの場合

銀座カラーは全身脱毛を受けたのが何回目かにより、受けられる脱毛の頻度が異なります。

 

1回目から3回目までの施術では、1か月に1回という短めの間隔で通うことが出来、4回目から8回目は2か月に1回の頻度、9回目から12か目までは3カ月に1回の頻度で通うことが出来ます。

 

なので初年度は最高で8回まで全身脱毛を施行することが出来、特にはじめの毛が濃くてムダ毛がストレスに感じる時期は1か月に1回全身脱毛を受けることが出来るという比較的スピーディなプランです。
回数を重ねるごとに全身脱毛を受けられる間隔は長くなっていきますが、その分ムダ毛も少なくなって、毛に対するストレスも少なくなってきているはずなので、間隔が長すぎると感じることはないでしょう。

 

銀座カラー

 

関連ページ

銀座カラーの全身脱毛の料金・特徴についてはこちら

全身脱毛サロンに通う頻度が1ヶ月に1回の間隔で通うサロン

脱毛に通う頻度は1か月に1回が一番忘れにくく、生理も1か月に1回なので生理との調節もしやすいです。
毎月生理の時期を避けて予約するようにすると大体1か月に1回になります。

 

ラ・ヴォーグで全身脱毛を受ける頻度は、毎回31日以上空けるプランになっています。
1回につき全身の半分を施行することが出来るので、2か月で1回の全身脱毛が完了することになります。
1か月で1回通う間隔であれば、1から2年程度で比較的ムダ毛を気にしなくて良くなるくらいのスピードで脱毛が進んで行きます。

 

ラヴォーグ

 

関連ページ

ラ・ヴォーグの全身脱毛の料金・特徴についてはこちら

 

脱毛ラボはたくさんのコースを提供していて、1か月に1回の間隔で通える普通のプランも設けています。
1か月に全身の半分の箇所を施術するので、2か月で全身1回施術したことになります。脱毛ラボが取り入れているのがラボ・マシンガンという脱毛器で、従来の脱毛器よりもスピードアップを図れるおかげです。

 

個人的には1回で全身の半分しか施術が出来なかったとしても、1か月に1回の脱毛の予約を忘れにくく、管理しやすいのでおすすめです。

全身脱毛サロンに通う頻度が2週間に1回の間隔で通うサロン

2週間に1回は毛周期から考えると少し間隔が狭すぎるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、最近になって脱毛器の発展とともに2週間に1回と、脱毛を焦っている人には嬉しいプランが登場しました。

 

「ハイパースキン脱毛」と呼ばれる脱毛法を利用しているディオーネの全身脱毛なら、安全に安心してこの短い間隔で全身脱毛を受けることが出来ます。
この「ハイパースキン脱毛」は肌に与える熱ダメージを最小限に抑えて脱毛を促す仕組みになっているので、肌トラブルも起こりにくいです。どうしても短い間隔で脱毛をしたい!という人にはとっておきの脱毛サロンです。

 

まだまだ新しい脱毛器なので長年利用したという人の意見が少ないのが現状ですが、1回の施術にかかる時間も今までと比較すると非常に短く、忙しい予定に全身脱毛の予定を組み込むのも楽になります。これからどんどん発展していきそうな全身脱毛プランです。

 

脱毛ラボのスピードコースもおすすめ

脱毛ラボのスピードコースも最短2週間から1か月に1回の頻度で通うことが出来ます。
脱毛ラボのゆったりプランでは、全身24か所を1年かけて行っていましたが、このスピードコースなら1回でゆったりコースの1年分を施術することが出来ます。単純に計算すれば、ゆったりコースの12分の1の速さで全身脱毛を完了することが出来ます。

 

また、このコースは月額制なので引っ越しや出産、また脱毛に満足したからもう必要ないと思った時点でいつでも解約することが出来るのも安心の仕組みです。

全身脱毛サロンに通う頻度はこうやって決める!!

全身脱毛は脱毛サロンによっても使われている脱毛機器が様々で、さらにコースによっても使われている脱毛機器が変わってきたり、脱毛に通う頻度が変わってきます。

 

通える頻度が頻回でも、1回に施術出来る脱毛範囲が限られていたり、1回で全身脱毛出来るけど通える頻度が長かったりと色々なプランがあります。

 

何度も通う必要があるプランは比較的安めのコストに設定されていることが多いですが、その分毎回通う交通費や時間がかかってきます。
ついでで通えるような場所にある脱毛サロンであればそれほど負担になってきませんが、わざわざ通う必要のある場所にある脱毛サロンであれば通う頻度は少ない方が便利のようにも感じます。
自分の希望にあった正しいプランをしっかり見極めるようにしましょう。

 

全身脱毛通う頻度の決め方

 

脱毛に通うベストのタイミングは毛周期次第!?

多くの脱毛サロンで様々なプランが提案されていますが、大切なことはあなたの毛周期に合わせた脱毛プランを組むことです。

 

もちろん少しでも生えたら脱毛に行くということもできますが、1回施術を受けるたびに残りの脱毛回数が減ってしまうので、ある程度毛周期でいう成長期の毛が生えそろった時点で脱毛へ行くと効率良く脱毛器の光レーザーで脱毛を促すことが出来ます。

 

回数無制限であれば、残りの脱毛回数を気にする必要はありませんが、1回1回にお金がかかっていると思ったら、1回の脱毛効果を最大限に発揮させたいですよね。

 

この成長期の毛が生えそろう期間が待てずに急いで脱毛へ通っても、結局回数が終わった時点で効果が薄いと感じてしまいます。
多くのサロンが脱毛機器に合わせた最善の脱毛へ通う頻度を設定しているので、脱毛器の特徴や自分の毛が生え変わるタイミングも見ながら、脱毛ササロンのスタッフとも相談してその頻度を決めていきましょう

 

全身脱毛通う頻度の決め方

 

全身脱毛に通う間隔が短い場合・長い場合のトラブル

毛周期にはもちろん目安があります。
しかし結局のところ人それぞれ体質や毛の質、肌の質や保湿ケアが違うので、人それぞれ毛周期も違うというのが事実です。

 

脱毛する箇所や個人の毛の生えかわり方によって脱毛を受ける期間や頻度を変えられると一番理想的な全身脱毛の受け方と言えます。
全身脱毛に通う間隔は短すぎても、長すぎても良くないんです。

 

全身脱毛通う頻度トラブル

 

全身脱毛に通う間隔が短い場合のトラブル

全身脱毛に通う間隔が短い場合、脱毛を受けても効果的に脱毛が促される成長初期から後期の毛が準備しっかり皮膚上に準備されておらず、脱毛の効果を十分に発揮できない可能性があります。

 

上記でも挙げたように、成長期の毛にしか脱毛器は反応しないので、成長期の毛が準備されていないと脱毛器を当てても無意味です。

 

全身脱毛の場合、特に箇所によって脱毛を受ける日をかえるという訳にもいかないので、比較的全身の毛が生え変わる2か月を目安にしているところが多いのです。

 

脱毛器の光は最近では美肌効果の高いものも多いですが、やはり毛根や毛の組織にダメージを与えて脱毛を促す仕組みになっているので、あまり頻回に脱毛を受けると肌へのダメージも繰り返すことになってしまい、体にも負担をかけてしまいます。

 

全身脱毛に通う間隔が長い場合のトラブル

全身脱毛に通う間隔が長い場合、せっかく生えそろった毛がまた毛周期のサイクルで休止期を迎えて抜け落ちてしまい、その毛穴からまた生えてくる次のタイミングまでその毛穴の毛を脱毛するチャンスがなくなります。

 

箇所によっては1年から2年のサイクルで生え変わっているので、1度チャンスを逃すと次のタイミングは結構後にやってきます。
なので定期的に生えそろったタイミングで脱毛を受けるのが一番早く全身脱毛を完成させるコツで、気の向いたときに脱毛に行くようなバラバラのタイミングで全身脱毛を受けるのはあまり効率的ではありません。

 


迷っているあなたへ 脱毛エステランキング 医療脱毛ランキング よくある質問