サロンの強引な勧誘

脱毛サロンの強引な勧誘

脱毛ランキング

エステといえば勧誘が怖い、契約しなければ帰らせてもらえないのではないか、と不安を抱く方も多いようです。

 

確かに10年前くらいまではそういったサロンも珍しくはありませんでした。例えば、保湿ローション1本1万円、しかもそれを10本単位で買わなければならない、他のコースやお化粧品を無理に勧められることもあったようです。

 

しかしながら、最近はこういったことが問題となり悪質なサロンは減り、コース料金以外に負担なし!や無理な勧誘はしません!などとホームページ上で謳っているサロンが多くなりました。それでも、悪質なサロンはゼロではありません。そこで、こんな発言には要注意というポイントをお伝えします。

 

1、「今なら他の部位も安いですよ」

自分は脇だけと思っていたのに他の部位を勧めてきて気づいたら全身脱毛、なんてことも。「他の部位は考えていません」ときっぱり断りましょう。

 

2、「この部位きれいにした方がいいですよ」

女性としてやばい!なんてけなして不安を煽ることもあるようです。気にしているふりを見せたらつけこまれることもあるので、脱毛する気がなければ全然気にしていないという態度で接しましょう。

 

とはいえ、単に親切心でおすすめしてくれていることもあるでしょう。一度断ったのにしつこい!というサロンには気を付けてくださいね。
もちろんこのサイトにはそのようなひどい勧誘があるサロンは全て省いて載せていません。

 

安い全身脱毛サロン

 

一概には言えませんが、悪質なサロンは経営が厳しく全国展開していないというようなところが多いようです。
店舗数が少なければ顧客数も少なくなり、客単価を上げることで利益を確保するしかありません。

 

そのため施術箇所を増やすように言ったり高価な化粧品を売ったりして、無理な勧誘をすることになるのです。
そういったサロンは新規顧客獲得のために安いキャンペーンをしていても、その”ツケ”を既存顧客が支払うはめになることがありますから、もし契約する場合は事情を理解した上で契約しましょう。

 

ただ、安いキャンペーンを行っているサロン全てが悪いわけではありません。

 

しっかりとした企業戦略をすれば安い値段で提供しても十分に利益は上げられますから、口コミなどで経営状態を確認しておくとよいですね。

 

脱毛はその場所によって値段が変わります。
そのため、安い箇所を一か所ではなくいろいろな部位を契約してくれるほうがエステサロンとしてはより多くの利益を上げられます。

 

また、回転率を上げることも重視されているでしょうから、流れ作業のようになってしまう可能性もあります。

全身脱毛案内人

 

直接の勧誘の他に注意すべき点として挙げられるのが、チラシやポスター類です。

 

全身脱毛以外の部分で利益をあげるために、化粧品やその他エステの広告が貼られていることがあります。
不快感を感じるほどであれば、顧客の立場に立って物事を考えられないとして、接客態度も同じように不快感を感じる可能性があると考えてもよいでしょう。

 

もちろん、小規模な脱毛サロン全てに警戒すべきというつもりはありません。

 

ただ、店舗移転や突然の休業や閉店なども考えられますから、混雑しやすい休日の昼間などに体験に行って、接客や施術内容、お客さんの数などを自分の目で見ることをおすすめします。

 

契約する場合も、小さいパーツや短期間の脱毛から始めた方が安心できるかもしれませんね。

 

 

また、引っ越しなどその店舗に通えなくなる可能性がある場合は、全国展開しているサロンがいいでしょう。

 

営業ですからノルマなどはあるはずです。
ただ、そのノルマ達成のために顧客にモノを売りつけるやり方なのか、自身の技術向上を目指すのか、来店してみることで見えてくるものがあるはずです。

 

悪質なサロンであれば体験の時点でしつこく勧誘をしてくるでしょう。

 

契約をしなければ帰らせない、スタッフが何人も入れ替わって説得をしてくるなど、気づいたら入店から数時間拘束されていたという声も少なくありません。

 

インターネット社会ですから、昔に比べ情報を得やすい環境にあるでしょう。
そのため、予約電話をする前にそのサロンの概要がイメージ出来ないようであれば避けた方が無難です。

 

全身脱毛サロン口コミランキングはこちら



迷っているあなたへ 脱毛エステランキング 医療脱毛ランキング よくある質問