トップへ戻る

介護脱毛の人気が急上昇中って本当!?

介護脱毛の人気が上がっているのはどうして?40代50代女性でも脱毛するの?

介護脱毛

 

 

今、人気が上がってきている介護脱毛について、
・介護脱毛とは
・介護脱毛が必要な理由
・介護脱毛の施術について
などをご紹介していきます。

 

 

 

介護脱毛とは?

介護脱毛とは

介護脱毛とは、簡単に言うと、「介護される前にアンダーヘアの処理をしておくこと」です。
高齢化が進み、高齢者が増えてきている時代になってきました。

 

自分で生きていくためのサポートとして介護を必要とする人も増えています。
それに伴い、介護脱毛の需要も高まってきているのです。

 

40代50代女性はみんな脱毛している?

介護脱毛をしている人が増えているとは聞くものの、どれくらいの女性が介護脱毛をしているのでしょうか?

 

同年代の女性が脱毛をしていないのであれば、自分も必要ないと思いますよね。
脱毛をしている方の割合をご紹介していきます。

 

45歳以上の脱毛者数は4.5倍に?

脱毛クリニックで有名なリゼクリニックでは、「2010年から2016年にかけて、45歳以上の男女の患者さま数は4.53倍」に上がっているようです。
つまり、40代以上の方が脱毛をする割合は年々増加しているということが分かります。

 

若い人に限らず幅広い年代で脱毛の人気が上がってきているのです。

 

30代・40代女性の6割以上が介護脱毛を希望

こちらもリゼクリニックが行った調査の結果です。
「30代・40代女性の6割以上(63.6%)が介護脱毛を希望している」ということが分かっています。
また、介護をする方の多くが、被介護者の局部のムダ毛が介護の妨げになると考えています。

 

ここから分かることは介護をしてくれる相手のことを考えて、すこしでも負担を減らしてあげるために脱毛を希望している女性が多いということです。
つまり、介護脱毛とは簡単にいうと「介護をしてくれる相手への気づかい」なのです。

 

介護脱毛のメリットとは?

 

介護脱毛のメリット

 

介護脱毛をしている女性が多いことはわかったものの、どうしてそこまで必要なのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、さらに具体的に介護脱毛のメリットを確認しておきます。

 

VIOの処理をしておくと介護者の負担が減る

介護に携わるようになると分かりますが、介護をするときにVIOの毛が生えていると、清潔な衛生状態を保つことが難しくなります。
介護者は、汚れをそのままにしておくわけにもいかないので、おしぼりなどを使用して、なんとかキレイにしなければと思います。

 

この作業をすることは介護者にとって、精神的にも負担になります。
しかし、介護する際に、アンダーヘアの処理がされていると衛生状態も良くなるため、介護者の負担が軽くなります。

 

介護者の負担が減る

 

被介護者の負担も減る

これは、介護者だけではなく、被介護者の負担もかなり軽減されます。

 

お手入れされる側としても嫌々デリケートゾーンをケアしてもらうのは心苦しいですよね。
しかし、アンダーヘアを処理しておくことで、介護者がスムーズにケアしてくれるようになるので、介護される側の気持ちも楽になります。

 

お互いの負担をなるべく減らして、介護をしてもらうためにも介護脱毛が話題になっているのです。

 

被介護者の負担が減る

 

ハイジニーナ脱毛の人気が高まっている今がチャンス

日本ではVIOを脱毛している方は、まだまだ少ないです。
海外では、VIOを脱毛しているハイジニーナの方が、ほとんどですが、文化的にもまだまだ進んでいません。
しかし、最近では若い女性でもVIO脱毛が流行っており、介護脱毛をする女性も増えてきているというのが、今の日本の状況なのです。

 

したがって、周りの女性も脱毛をしていると思うと気軽にVIOの脱毛に挑戦できると思います。

 

お互いの負担を軽減するためにも、まずは、始めてみてはいかがでしょうか?

 

介護脱毛のデメリットとは

介護脱毛をするに当たって、どのようなデメリットがあるんでしょうか。

 

ほとんど毛が生えてこなくなる

脱毛サロンでの光脱毛の場合は、脱毛をしても再び生えてくる可能性があります。
しかし、医療脱毛クリニックで脱毛をした場合、毛がほとんど生えてこなくなるでしょう。

 

もとのようには戻らなくなり、後悔してしまうこともあるかもしれません。

 

VIO(ハイジニーナ)の脱毛をする前に、どのような形にするのかをしっかりと考えましょう。
一度ツルツルにしてしまうと、温泉や旅行のときに恥ずかしく感じる方もいます。どの程度脱毛するのか、本当に脱毛をして後悔しないかをよく考えてから脱毛しましょう。

 

医療脱毛クリニックでは痛みがある

 

医療脱毛の痛み

 

医療脱毛クリニックでVIOの脱毛をする場合、脱毛サロンでの脱毛よりも痛みが強くなります。
デリケートゾーンは他の部位よりも毛が太く、毛根が深い特徴があるため脱毛器が反応しやすいのです。

 

ただ、痛みに関しては

  • 出力を弱くしてもらう
  • 痛みの少ない脱毛器で施術してもらう

といった対策方法があります。

 

どうしても耐えられない、続けるのが辛いときにはスタッフさんに相談しましょう。

 

お金がかかる

脱毛にはどうしてもお金がかかります。
医療脱毛の場合は、全身脱毛に20万円〜50万円の料金を設定しているクリニックもあります。
VIO脱毛の場合は、10万円弱〜20万円程度が料金相場です。

 

料金の総額がいくらくらいになるのか、カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

 

介護脱毛を始める年齢は?

では、介護脱毛が必要な理由はわかったものの、今始めるべきなのか、もう少し歳をとってからでも良いのでは?と思う女性も多いと思います。

 

介護脱毛を始める年齢はいつなのか、について解説していきます。

 

介護脱毛は40代?50代?60代?

結論からいうと、介護脱毛を始めるのに適した年齢は、ありません。
目安としては、40代〜50代ですが、ポイントは早めに始めることです。

 

ものごとを始めるタイミングは、何でも「始めようと思ったとき」と言われますが、介護脱毛は特に、いま始める必要があります

 

介護脱毛を始める年齢

 

介護脱毛を始めるのが「いま」である理由」

では、どうして介護脱毛を早めに始める必要があるのでしょうか?

 

主な理由は、「白髪は脱毛できない」からです。

 

脱毛をする際は、脱毛器を使用します。
脱毛器がどのようにして、毛が生えてこないようにするのかを知ると、今脱毛を始めるべき理由が分かります。

 

脱毛器は、毛根の黒いメラニン色素に反応して照射(光を当てる)します。

 

それにより、毛根を破壊して毛が生えないようにするのです。

 

しかし、白髪が増えてしまうと黒いメラニン色素に反応することができなくなるので、いくら脱毛をしても脱毛効果を得ることができなくなるのです。

 

したがって、介護脱毛を始めるのであれば、いますぐ始める必要があるのです。

 

介護脱毛のVIO脱毛はどのような施術になるの?痛い?

介護脱毛の施術

介護脱毛で、VIOの脱毛をしていく際は、どのような脱毛方法になるのでしょうか?

 

脱毛方法について解説していきます。

 

VIOの形には何がある?

VIOの脱毛は、形を整える、ツルツルにする、量を減らすなどの方法があります。

 

日本人の女性は、ツルツルにすることに抵抗を覚える方が多いので、清潔感を考えると、ツルツルにしてしまうのが良いのですが、多くの女性は、形を整える問う方法をとります。

 

それにより、おしゃれな下着や水着を着ることができるようになるのも理由です。

 

形については、サロンのスタッフと相談することができるので、いますぐ決めなければいけないものではありません。

 

ご希望を伝えてみましょう。

 

施術方法について

実際にVIOの脱毛をしていくとなると、どのような施術を行うことになるのでしょうか?

 

恥ずかしい体勢になるのではないかと心配になりますよね。

 

多少は、恥ずかしさを感じる姿勢もあるかもしれませんが、多くの場合は、次のような方法で施術をしていきます。

 

簡易パンツを使用して、片足ずつ寝た状態であぐらをかくように横に開きます。

 

両足を全開にすることはあまりないようです。

 

心配に思うお気持ちも分かりますが、スタッフの方は慣れているのでお任せしてしまうと気持ちが楽になると思います。

 

介護脱毛は痛い?

VIO脱毛について調べると、痛みがあるということを聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

これに関しては、どこで介護脱毛をするのかによって異なります

 

例えば、脱毛サロンでVIOの脱毛をする場合は、痛みは軽減されますが、その分、脱毛が完了するまでに長い期間を要することも事実です。

 

一方、医療機関での医療脱毛をすると、痛みは伴いますが、その分高い効果を実感できます。

 

短期間で済ませることも可能なので、医療脱毛を利用する方も多いです。

 

したがって、痛みに関しては、我慢できるのであれば、医療脱毛による脱毛に通って、短期間で完了してしまうのが良いでしょう。

 

介護脱毛におすすめのサロンやクリニックはどこ?

それでは、実際に介護脱毛を始めようと思ったものの、どのサロンやクリニックに行けばよいのか分からないですよね。

 

特に最近は脱毛というと若い女性に人気と言われているため、その中に混じって通うにも勇気が必要になります。

 

ここで、40代から60代の女性におすすめのサロンやクリニックをご紹介していきたいと思います。

 

リゼクリニック

 

スタンダード総額

 

なんといっても、介護脱毛におすすめなのは冒頭でもご紹介したリゼクリニックです。

 

40代・50代の患者様も増えているため、若い女性の中でひとり目立つような心配もいりません

 

初回のカウンセリングも無料で、キャンセル料や再診料なども無料なので非常にお得です。

 

脱毛器が3種類あるので、個人の肌に合わせて痛みの少ない脱毛器を選ぶことができます。

 

ランキングのサロンへ

 

VIO脱毛の先には快適な日々が待っている

介護脱毛でVIOの脱毛をする女性は増えています。

 

若い女性の間でもVIOの脱毛が流行っています。

 

日本の女性が全体的にVIOの脱毛をしようという気持ちになっておりますので、恥ずかしさもあるかもしれませんが、介護脱毛をしてみてはいかがでしょうか?

 

実際にVIO部分の脱毛をしてみると、心地よくてやみつきになってしまう方も多いです。

 

自己処理の時間もなくなり、清潔なデリケートゾーンを整えることもできます。
多くの女性が始めているVIOの脱毛にチャレンジしてみましょう。

 

そうすることで将来的な介護の際も、お互いに心地よい気持ちでいられるのでおすすめですよ。


迷っているあなたへ 脱毛エステランキング 医療脱毛ランキング よくある質問